ジャック・ジュナン フォンダン・ショコラ

SPONSORED LINK

Jacques Genin fondeur en chocolat

チョコレート通のあいだで知る人ぞ知る、プロフェッショナルな方たちにも絶賛される    絶品チョコレート🍫

知っているだけでも『お!流石!お洒落!』っていうことになるこのジャックジュナン

店舗は、2008年、パリのマレ地区に、ショコラトリー「ジャック・ジュナン フォンダン・ショコラ」としてオープンしました。

店舗の建物内には、チョコレートショップ、サロンドテ(カフェ)に加えてアトリエ(製作工房)が入っていて、毎日黙々と作業をしているジャックジュナン氏本人も見かけることができます。

フランスやベルギーの有名なチョコレートブランドは、結構日本にも進出していて、有名百貨店や路面店などでは買えたりもしますが、このジャックジュナンは未だ日本未進出なんです。

ジャックジュナン氏いわく、『自分は田舎者で職人肌の人間だから、一つ一つ丁寧な手仕事にこだわって、ただ美味しいモノを届けられればそれでいい』とのことで、あまり手広く店舗を展開したり、販路を拡大したりということは性分ではないそうです。

だからこそ!このパリのジャックジュナンで手に入れられるチョコレートや、ここのカフェだけでしか味わえない絶品のミルフィーユは貴重で稀少な美味しさがあるんですね。               (ちなみにこの絶品ミルフィーユはテイクアウトができません…)

ジャックジュナンオリジナルのガナッシュをもとに作られる定番の“ボンボン”や、フレッシュフルーツジュースじゃないのか!?っと思わせるような“フルーツゼリー(パートドフリュイ)”が人気のようですが、自分のイチオシは“キャラメル”です!

お店では一粒ずつ味違いで選ぶことができて、自分好みのアソートボックスが作れます。             一定の量をまとめると、オリジナルのシルバーボックス(缶)に無料で詰めてくれます。           特にマンゴー味がおすすめです!

パリへ行く機会があったら是非!一度は行ってみたいショコラだと思います。

ショコラトリーは、メトロのレピュブリック駅から徒歩でほんの数分ですが、この辺りはアート関連のお店や素敵なお店、美味しいレストランなんかもあったりと、パリでも有数な(笑)  お洒落地区で、加えて道がいろいろと入り組んだり迷路みたいな感じもあるので、ちょっと わかりずらくて、見つけるのが意外と大変かもしれません。

地図を見ながら頑張ってたどり着いてください!

[レピュブリック駅→ベランジェ通りをまっすぐ南進→シャルロ通りとテュレンヌ通りに   挟まれた三角地帯の角にあります]

関連記事へ☞旅~♪♪花と美の都・パリ~♪♪♪